チェルシーのキャセロール@JAJパイレックス

c0228404_2492691.jpg

つや消しのミルクガラスの白にパウダーブルーと濃く深いグレーの色柄のキャセロール。
デザインは一見すると雪の結晶のようだけど、これ小鴨と花のモチーフです。

ロンドン市内にある高級住宅地&ショッピング街チェルシーと同じ名のシリーズ。
JAJ曰く「気品ある洗練されたデザインかつフォーマルなパターン」

c0228404_249980.jpg

たしかにマットな仕上がりと上品ぽくモダンなデザインに英国らしいシックで大人な雰囲気が見受けられるかも

アメリカ製パイレックスのカラフルでポップなキュートさとは、また違います。

ファイヤーキングやオールドパイレックスは昔から好きでしたが転勤族だし持ち家も無いし料理もしないんだし、と今までは見てるだけでした。

でも今回ついに購入してしまったのはイギリス製パイレックスにチェルシーという柄があるのを知ってしまったから

ずっと欲しかった物に愛犬と同じ呼び名があったらこれはもう手に入れるしかないでしょ、という訳で最近、平日はネットサーフィン週末はショップ巡りをしていました。

c0228404_2492131.jpg

ファイヤーキングやUSAパイレックスのコレクターは多いですがJAJパイレックスはヨーロッパや日本では、まだこれからみたいで我が家でも、なんとかなるぐらいのお値段。

しかもCHELSEAシリーズはレア物でも無いし一番人気の柄らしいTEMPO (CARNABY DAISY) よりも、だいぶお安かったです(嬉しいんだけど、でも飼い主としてはちょっと複雑)

数も多く出回っていたのと60年代後半に作られた比較的、新しい物なので市場では、けっこう見かけるみたいです。

もちろんコンディションは様々ですが、これは「何故わざわざお古を買うの?」と乗り気じゃなかった夫も「案外イイね」と言ってくれる状態でした。

直径21cm持ち手を入れても25cmと大きさも理想的
グラタンとかグラタンとかグラタンとか作るのに良さそう

c0228404_2264476.jpg

バックプリントはJAJとMADE IN ENGLANDの文字と共に英国らしい王冠のロゴが

パイレックスの耐熱ガラスはアメリカのコーニング社が特許元ですが1921~73年までイギリスのJames A.Jobling & Co.Ltd.略してJAJがフランチャイズ契約を結び生産販売していました

JAJのミルクガラス品は1953年から製造されましたが80年代までに作られた物がオールドパイレックスと呼ばれコレクタブルアイテムになっています

一般的にアンティークというのは作られてから百年以上経過している物の事だそうでファイヤーキングやオールドパイレックスのように30~70年前の製品はコレクタブル(コレクティブル)と呼ばれているらしいです

ちなみにファイヤーキングはアメリカのオハイオ州にあるアンカーホッキング社の耐熱ガラス製品でFire-Kingロゴの刻印は1942~76年に製造された物になります

c0228404_2271931.jpg

この撮影をしている時にチェルシーが着ていた服がChelseaシリーズの色柄と雰囲気がドンピシャ!と思って撮ってみたけれど・・・

c0228404_2165190.jpg

白と水色って以外、似てませんでした。

c0228404_4354214.jpg

しかも後姿を撮りたいのに飼い主が視界から消えるのが嫌いなので必ず振り向いちゃうし

c0228404_2144394.jpg

でもガラス好きな私としてはチェルの瞳がビー玉みたいに写っていたので、ちょっと嬉しい。

チェルシーちゃん、Chelsea柄のアイテム、もっと揃えたいですか?
[PR]

by chel228 | 2012-09-26 05:17 | カメラ&レンズ